Loading...
Trade Winds
Trade Winds
Trade Winds

ハワイのサーフショップとキッチンテーブルから生まれた。
1964年、ホノルルに誕生した小さなサーフショップSurf Line HAWAII。 オーナーはデイブ・ロックラン。カリフォルニア出身のライフガードだ。

サーフショップからファッション・ブランドへのターニングポイントは、自宅で生まれたウェアだった。 雑誌「LIFE」の写真からインスピレーションを得たデイブが、パジャマをカットしてつくったものだ。 これがJAMSの始まりでもある。

デイブは人生のすべてをJAMSで表現した。 そのカラフルで独創的なプリントをあしらったウェアはビーチから街へ、モードの世界へと広がり、一世を風靡する。 そして、着る人それぞれの日常に寄り添うライフスタイル・ブランドになっていった。

現在、Surf Line HAWAIIは、JAMSとJAMS WORLDを擁する企業であり、Surf Line HAWAIIの名でアイテムを展開するブランドでもある。

日本ではデイブがデザインしたプリントをリスペクトし、独自のスタイルを創出。 四季を通じて楽しめるコレクションを提案していく。




OUR HISTORY

1960年代のハワイから2018年の日本へ。


NEWS

02.26 - 03.02.2018
Japan Launch 2018 SS / AW Collection
2018年2月26日〜3月2日 FOR BUYER 10:00〜19:00
会場:INCONTRO 東京渋谷区千駄ヶ谷2-7-9


SHOPS

Coming Soon

TOP